脳梗塞による半身不随を考えるサイト » 病院や専門施設で行う半身不随の治療方法 » 装具療法

装具療法

装具療法による脳梗塞の治療方法と治療が必要な患者

脳梗塞のリハビリで使う代表的な装具は、筋肉のマヒによって歩行に支障がある患者が、足に装着することで矯正しようというもの。膝下から足首にかけて装着するものもあれば、太ももから足首までをカバーするものもあります。足首から先がサンダル風になっている装具もあって、屋外での歩行にも利用できるでしょう。

もちろん、装具は足だけでなくマヒした部位の動作をサポートするもので、腕から手首にかけて装着するものや、肩関節を保護して脱臼から守るものなどもあります。

装具療法が採用されるのは、下垂足という足首が伸びてしまう症状の場合や、肩が脱臼している場合など、関節部に支障がある患者です。

※こちらの記事も読まれています。

脳梗塞セルフケアのポイントは『血液をサラサラ』にあった?

他の治療法と比べての装具療法のメリット・デメリット

歩行や手の動きを必要とする日常的な動作において、筋肉が思うように動かせない症状なら、装具を身に付けることによって本来の動きを取り戻せるケースも見られます。運動療法による歩行訓練時も装具を付けると姿勢が安定するのがメリットです。中にはロボット技術を採用したハイテク装具もあり、これを装着して歩行訓練することで、正常な歩行状態を脳に学ばせることができるツールも存在するほど。

症状によって装具の要不要は異なります。デメリットというほどではありませんが、装具療法は装具を身に付けること自体が治療というより、それによって他の治療方法を実践しやすくなるという側面があります。

また、継続使用するうちに手足がむくんだりすると、装具がジャストフィットしなくなって、肌と擦れたりすることがあるので常に使用感のチェックは欠かせません。

装具療法の診療相場と治療期間

装具療法の診療相場は、症状と使う装具によって違ってきます。身体に合わなくなった場合、装具のサイズを調整するなどすることもあるので、一概に費用感を算出することはできません。

治療期間は他の治療方法とのセットになることもあって、装着する期間はプログラムによって様々。特定期間装着するというより、進捗状況次第となります。

情報参照元:治療NOTE公式HP