脳梗塞による半身不随を考えるサイト » 【自宅で出来る】半身不随の代替療法・回復方法 » ツボ圧し

ツボ圧し

WHOも認める鍼灸、脳梗塞からの回復には自宅でもツボ圧しを

鍼灸は民間療法であって医療ではないというイメージもあるかもしれません。とはいえ、WHO(世界保健機構)も鍼灸治療を認めるなど、現代では西洋医学だけでなく東洋医学も世界的に評価されていて、脳梗塞の回復でも鍼灸療法を積極的に取り入れている専門施設もあるほど。そこで、ここでは脳梗塞の回復目的で、自宅でもできるツボ圧しについて説明します。

家庭でもできる!お灸によるツボ圧しのポイント

著名な灸師が提唱する、脳卒中後遺症の治療穴というのがあり、その一部をピックアップしてみましょう。

なお、脳梗塞で半身不随など障害が出ている場合、上で紹介したお灸は患部側に行うのが基本。健康な側面への治療は予防的意味合いになります。

血流がよくなるといわれる手首のツボとは

脊山整体横浜院院長の脊山先生が発見した手首のツボがあって、これは血流を改善する効果があるとのことで、健康関連の雑誌でも公開されたもの。ツボの場所は、手の甲を上にして、手首の小指側にある突起部分を基点として下向きの正三角形▼を描き、下の頂点あたり直径2cmちょっとくらいの範囲です。

ツボ圧しをするには、反対の手の親指を使って10~20秒ほど押しもみするイメージ。両手で行ってみて痛みの有無をチェック、痛みがなくなるまで続けるのがポイントのようです。

なお、これはあくまで脊山先生の実践に基づく治療方法であることをご留意ください。

情報参照元:脊山整体倉敷院公式HP 

※こちらの記事も読まれています。

脳梗塞セルフケアのポイントは『血液をサラサラ』にあった?