脳梗塞による半身不随を考えるサイト » 【自宅で出来る】半身不随の代替療法・回復方法 » マッサージ

マッサージ

筋肉の緩和など脳梗塞の治療に欠かせないマッサージの役割

脳梗塞の後遺症では半身麻痺などによって筋肉が極度に緊張してしまうなど、理学療法士によるマッサージがリハビリには不可欠となります。これは、筋肉を和らげたり疲労を回復したりといった一般的なマッサージの目的だけでなく、筋肉の収縮力をできるだけ取り戻したり、感覚機能を刺激するなどといった目的もあるわけです。また、運動療法などをスムーズかつ効率的に実践するためにも、マッサージを組み合わせる意味合いがあります。

そして、入院中や退院後の自宅では、家族によるマッサージも大切。入院中なら、ベッド上でできるマッサージをすることになり、これはリハビリのアフターケア的意味合いもあります。マッサージする方もあまり重労働にはなりませんし、患者の方もケガのリスクなどが少ないので、双方ともマッサージに慣れるにはいいでしょう。

家族が実践するマッサージのポイント

脳梗塞からの回復を目指す患者に対して、家族がマッサージをする際にあたっての基礎知識を簡潔にまとめてみましょう。

マッサージをする主な部位は以下の大きめの筋肉です。

マッサージは指先で押すのではなく、掌底部分をあててある程度力を入れて円を描くように揉むのがポイント。軽く揉むレベルだと皮膚にしか届かないので、その下の筋肉をイメージして、押し込むようにするといいでしょう。

なお、身体の障害がある片側だけをマッサージするのではなく、健康な側の筋肉にも施術をしましょう。これは、健康な側に普通以上の負荷がかかっているからです。

脳梗塞とマッサージの関係で注意すべき点

脳梗塞のリハビリでは、患者の血流状態をきちんと把握してマッサージをしなければなりません。

そもそも、脳梗塞は動脈硬化が原因で起きますが、血栓があるような状態で強くマッサージをしてしまうと、その刺激によって血栓が脳や心臓に飛んでいってしまう危険性があります。

逆に、血流改善のためにワーファリンなどの処方薬を摂取していると、血液がサラサラになるものの出血しやすくもなります。そのため、強めのマッサージによって皮下出血することもあるのです。

※こちらの記事も読まれています。

脳梗塞セルフケアのポイントは『血液をサラサラ』にあった?