脳梗塞による半身不随を考えるサイト » 【自宅で出来る】半身不随の代替療法・回復方法

【自宅でできる】半身不随の代替療法・回復方法

自宅でできることもトライしたい、脳梗塞から回復への道

半身不随をはじめとした脳梗塞の後遺症には、根気強いリハビリと家族をはじめとして周囲の様々なサポートが重要。もちろん病院での治療はしっかり続けることを前提として、自宅でできる代替療法や回復方法にも取り組みたいところ。このカテゴリーでは、脳梗塞の後遺症に対し、自宅でできるケア方法をまとめて紹介します。

自宅で行う代替医療は、病院での治療とは別のアプローチを行うことが大切。食生活や生活習慣の改善、必要な栄養素の摂取など、体質を根本的に変えていくよう心がけてください。そうすれば、最も怖い『脳梗塞の再発』を予防する手助けにもなるはずです。

脳梗塞の予防・回復のカギは血流にあり!

脳梗塞は10年以内の再発率が50%前後と高いため、後遺症からの回復を目指すリハビリと同時に再発防止という観点での取り組みも不可欠。どんなことをすべきか、ポイントなるのは以下の3点です。

  1. 血液をサラサラにし、血流をよくする
  2. 血圧・血糖値を下げる
  3. 血液中の老廃物を排泄する

血液をサラサラにする効果とメカニズムについて詳しく見る

こうした効果が望める成分として、『酵素』が注目を集めています。

血液サラサラだけじゃない!毒素を排出する本物の『酵素』

ひと口に酵素といっても、市販されているものの効果は千差万別。酵素は本来、熱を加えるとその活性力が大きく減少してしまうので、製造工程によっては、その力をほとんど失っている場合があります。酵素選びにおいては、その製造過程酵素の活性力に注目するようにしましょう。

そんな酵素の中でも、非加熱・非加圧で製造され、酵素本来の活性力を発揮させたものが『毒だし酵素』です。毒だし酵素は大学の研究機関などでも、効果の科学的根拠(エビデンス)が実証されている、注目の成分です。

『毒だし酵素』のパワーとエビデンスを詳しく見る

日常で取り入れたい、その他のセルフケア方法

脳梗塞の再発予防で摂りたい食事・控えたい食事

高血圧や糖尿病といった生活習慣病は脳梗塞の原因ともなります。そのため、回復と再発防止のためにも食生活を見直す必要があります。積極的に食べるものと避けたいものをまとめてみました。

脳梗塞のリハビリ~ツボ圧し

鍼灸治療はWHO(世界保健機構)にも認められていて、リハビリの一環としてツボ圧しを取り入れている施設も少なくありません。神経の刺激や血流の改善などを目的として、自宅でできることを紹介しています。

脳梗塞のリハビリ~マッサージ

半身不随になると筋肉が思うように動かせず、極度の緊張状態になるなど大きな負荷がかかります。そのため、リハビリとの組み合わせでのマッサージは重要で、ポイントと注意点を紹介しています。

脳梗塞後の神経を回復させる「ファシリテーション」

損傷した脳の神経回路を回復させる方法として注目されているのが「ファシリテーション」。近年は脳科学に基づいたリハビリとしてのニューロリハビリテーションもファシリテーションと同じ意味で使われるキーワード。脳の神経細胞を刺激することがどのように回復に役立つか、説明しています。

積極的に摂りたい漢方はこれ!脳梗塞対策・回復ガイド

脳梗塞の発作が原因で、半身不随や言語障害などの麻痺症状が後遺症として残ることがあります。こうした後遺症の治療に活用できる漢方薬にはどんなものがあるのでしょうか。脳梗塞発作後に使われる漢方薬や脳梗塞予防にオススメの漢方について詳しく解説します。