脳梗塞による半身不随を考えるサイト » 半身不随・片麻痺の原因となる脳梗塞とは? » アテローム血栓性梗塞

アテローム血栓性梗塞

アテローム血栓性梗塞の症状

アテローム血栓性梗塞は、脳の血管のうちどの部位が詰まってしまったかによって症状は以下の4種類に分類されます。

中大脳動脈の詰まりによる症状

普通に話すことができなく、相手の言っていることも理解できなくなります。顔面や皮膚の感覚、そして一方の手足などにマヒが起こったり、意識障害が起きることもあります。

脳底動脈の詰まりによる症状

眼球の動きに関する障害や意識障害が起きます。両手足がマヒすることがあります。

内頸動脈の詰まりによる症状

身体の片側で運動障害感覚障害が起きます。一方の目の視力が一時的になくなることがあります。

会話をしようとしても、相手の言葉が理解できなかったり、言いたい言葉が出てこないなどの症状が見られます。

椎骨動脈の詰まりによる症状

吐き気や嘔吐、目まいなどの症状が見られます。飲食物が飲み込めない、うまくしゃべれないなど、舌や口の動きに異常が起きます。

なお、こうした症状の多くは就寝中に発生するケースが多いようです。

アテローム血栓性梗塞の原因

アテローム血栓性梗塞の原因とされるのは、アテローム動脈硬化でもある粥状動脈硬化です。これは、悪玉コレステロールが血管の壁の中に入ってしまって、ドロドロの固まりができてしまう動脈硬化の一種。このドロドロの固まりが粥腫(じゅくしゅ)であり、アテロームもしくはプラークともいいます。

この状態を放置しておくと固まりは大きくなり、血管内部を狭めてしまいます。それに伴って血液の流れが阻害されることで、動脈硬化に至るわけです。

また、血管がこのような状態で、高血圧になってしまうと、固まりができている部分に負荷がかかって、内壁が破れます。血管はそれを治そうとするわけですが、いってみればかさぶたのような固まりになるため、これも血流の悪化につながります。この血管修復時にできる血液の固まりは血栓と呼ばれるものです。

こうした状況は生活習慣病ともいわれる高血圧や高脂血症、糖尿病などによって起きやすくなるのも注意すべきポイントです。

アテローム血栓性梗塞の脳梗塞のうちに占める割合

アテローム血栓性梗塞は脳梗塞の全体の30%程度の割合。近年は別ページで紹介しているラクナ梗塞とも大きな差がないほどのシェアを占めています。

情報参照元:社会福祉法人恩賜財団済生会公式HP 

情報参照元:公益財団法人日本医療機能評価機構Minds公式HP